月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

ビッチの履歴書

2.旦那とのセックスレス解消に効果的だった「ランチミーティング」


 みなさん、セックスしてますか? ビッチ元気で留守がいい。元気があれば何でもできる。夏の暑さを感じ始める今日この頃、行き場のない性欲に悶々とする女性も少なくないことと思います。オナニーすればいいと思いますよ。 さて、「結婚するまで処女を守る」なんて思想も薄れてきた現代。とはいえいろんな男性と「ヤリたいときにヤリまくる」本能に忠実な女子は、「ヤリマン」「ビッチ」と罵られるものです。

 前回は、彼氏がいるにもかかわらず、「寂しいから」とセフレを手放せない女性を紹介しました。話を聞けば、セックス依存症というワケでもなく、両方の男性と恋愛関係にあるような状態。セックスそのものよりも恋愛が好き、ということなのかもしれません。

 今回は、「複数の男とヤれるのは、ある意味武勇伝」と宣言し、性豪JK時代を送ったという女性・コハダさん(仮名)に話を聞きました。現在は結婚し、一児の母でもある彼女ですが、性欲が凪のように落ち着いたというワケではなさそうです。
 

コハダさん(29歳・会社員)の場合

 都内の有名お嬢様女子校で学生時代を過ごしたコハダさん。偶然にも前回登場したウニさんと同じく貧乳美脚です。色白ですが明るめの髪色で「若くてきれいなお母さん」という雰囲気。雑誌では「I LOVE mama」(インフォレスト)系ではなく、どちらかと言えば「VERY」(光文社)寄りのワーキングマザーです。

性奴隷状態だったJK時代

コ:中高時代はビッチというか、いわゆるギャルでしたねー。でも初エッチは遅いですよ。中3の初夏で、15歳の誕生日。相手は2コ上の彼氏です。

――いや、特に遅くはないですが……。女子校だったとのことで、相手は他校の高校生? 友達の紹介で知り合ったとか。

コ:いや、ナンパです(笑)。ちゃんと付き合ってたけどね! 吉祥寺の個室でヤりました。

――個室というと?

コ:レンタルルームみたいな。ベッドはあるけど部屋はラブホより狭くて、シャワーは共同。でもラブホと比べると格安だから。後で、うちの母親も使ってたって聞いてウケました(笑)。

――カミングアウトするお母さんがすごいですね。それ不倫してたってことじゃないですか……。女子校出身のコって、意外と性に奔放な人が多いですよね。

コ:中学時代は、お兄ちゃんのエロ本見つけて学校もってって回し読みとかしてましたよ。もちろんオカズにしてたやつですけど(笑)。化学とかで使うフラスコや試験管をアソコに入れてみようって内容のマンガが載ってたりした。みんなで手コキの練習したりもしましたね。官能小説買うのも流行ってた。先生に没収されちゃってブーム去ったけど。

――オープンなエロ話をできる環境なんですね。しかもスクールカーストの上位グループっぽい。

コ:ギャルだったので。休み時間に初体験を済ませてるコが、黒板に絵を描いて、まだのコにやり方教えたりとかもしてましたよ。

――超お嬢様学校ですよね? 芸能人の子息も数名通ってる……。

コ:うーん、最近はもっと校則厳しくなってたりして真面目なんじゃないですか。それに全部の生徒が遊んでたワケじゃなくて、地味グループももちろんあったし。でも私も中学の頃は彼氏としかヤッてなかったし、そこまで遊んでなかったですよ。

――高校(中高一貫ですが……)の方がもっとハジけていたと。危険な目に遭うことはなかったんですか?

コ:あんまりなかったですね。援助交際はしなかったし。あ、ひとつだけ覚えているのは、ナンパしてきたダンサーの男!! そいつの家に行ったら、「これ食べなよ」ってキノコの味噌汁を出してくれて、「あ、ありがと~」なんつってズズッと飲んだら、私おかしくなっちゃって。その後、押し倒されてヤッてたんだけど、急に男の顔がトカゲに見えたんです。うわああああーーーッてなって、突き飛ばして帰りました。

――それ、俳優のI氏が錯乱してコンビニに駆け込んだときの魔法のキノコと同じ系統のナニカだったのかもしれませんね。I氏は「おかあさーーーん」と叫んだとか。

コ:ホントにヤバかった。それ以来、その男には会わなかったんですけど、数週間後に「んっ? 股間がかゆいぞっ?」って気付いて。婦人科クリニックでの検査の結果、性病3つかかってることが判明した(苦笑)。

――3つって! その事件以降、セックスを控えたりとかは?

コ:治療中はしませんでしたけど。でも私、「歩くヤリマン」だからな~。一回、ノリで精力剤を飲んだこともあるんですよ。思い込み激しいからなのか、すぐ「あッ、効いてきた、効いてきた」って思って、渋谷センター街の真ん中で「セックスやりてえええー」って叫んでた(笑)。

――淫獣じゃないですか。すぐヤれたんですか?

コ:はい、ちょうど男の子たちと一緒にいたんで。一緒に精力剤飲んだ後輩の女の子とその相手も一緒にホテル行って、それぞれ別の部屋に入ってしましたね。男がシャワー浴びたりしてるときに、お互い内線で電話して「今あたしマッサージチェアで一回イッたよ♪」とか報告したりして。

旦那と性欲が釣り合わなすぎるという苦悩

――それだけ性に貪欲な10代を過ごして、20代になったら落ち着きましたか?

コ:いいえ全然。

――でもご結婚されて、お子さんもいらっしゃるんですよね?

コ:旦那のことは大好きで結婚を決めたし、今でも大好きです。子どももめちゃくちゃ可愛くて、毎日楽しいですね。

――それだけを聞くと「激変!」と思えるのですが……自らの性獣を鎮めることはできたんですか?

コ:そんな簡単におとなしくならないですよねー。だから浮気してますよ。

――しれっと。いいんですか? 矢口真里が不倫発覚でこれだけ叩かれるご時世ですよ。しかも、お子さんもいて。

コ:夜、家を空けるわけじゃないんですよ。仕事中に「ランチミーティング行ってきまーす」ってササッと抜けて相手と落ち合って、ホテルで休憩するだけなんで。

――実にスマートですね。それって恋愛関係にはならず、あくまで性欲処理?

コ:まさにそうです。相手は仕事関係の知人だから、「打ち合わせ」もあながちウソじゃない(笑)。

――先ほど、旦那さんを大好きだとおっしゃいましたが。

コ:大好きですよー。でもセックスレスになっちゃって。私は強い性欲と二年ぐらいずっと戦ってきたんです。だからこれは浮気っていうよりも「風俗」みたいな……。

――旦那さんの性欲がないんですか? あるいはいわゆる「妻に対してだけED」?

コ:妻に対して、ヤル気が起きなくなったんでしょうね。出産してから一カ月で、産婦人科医師には「性行為解禁OK」って言われたし、年子で子作りする夫婦もいるくらいじゃないですか。それなのに旦那は全然ソノ気にならなくて、半年ぐらいたって「そろそろやろうよ」と切り出してもダメ。こっちは「したい!」とはっきり言ってるのに、「おっぱいあげてる姿とか見てると、そういう気持ちになれない」って。

――それはつらいですよね。

コ:一度、泣きながら「このままじゃ、あたしっおかしくなっちゃうっ、これから30代に向けてどんどん性欲高まっていくのにどうしたらいいのっ!」って訴えたけど、気持ちは伝わったとしてもそれで「じゃあやろっか」となるハズもなく、勃起もせず。友達には、「あんなにセックスが生きがいだったコハダが、こんなセックスレスの旦那と一緒にやっていけるの? 離婚した方がいいんじゃないの?」とも言われましたね。

――軽いギャルだった10代の話から、一転して深刻ムードになってきました……。それで、浮気をしてみたんですね?

コ:性欲を外で解消するようにしたんです。そうしたら、旦那との関係も良くなったんですよ。自分から旦那に迫ることがなくなったのが良かったんでしょうね。向こうから「たまにはしようよ」って誘ってくれるようになった。まあセックス自体は全然イイわけじゃないんだけど(笑)、関係はすごい良好になってて。

――昼間からホテルにシケこんでる……ってとこだけをクローズアップすると「矢口騒動」並みに叩かれるような話ですけど、事情を知ると、その裏にはセックスレスの苦悩があったという。案外、矢口家も、そういうのあったのかもしれないですよね……。

コ:ね。だからといって家族を傷つけたくはないから、絶対バレないようにしたいと思ってます。『ヘルタースケルター』の沢尻エリカじゃないですけど、「自分の人生、自分でコントロールしてんだよ!」って感じですね。

 奔放な10代を経て、今は自分の性欲をコントロールして解消しているコハダさん。これもまたひとつのビッチのかたちです。しかし、もし仮に夫の性欲が衰えず、出産後も頻繁に彼女の体を求めてくるようだったら、どうだったでしょうか。セックスレスにさえ陥らなければ、彼女は外で性欲処理をする必要がなかった? それとも、「決して上手なワケではない」旦那とのセックスだけでは、いずれ満足できなくなっていたのでしょうか。「妻だけED」の旦那と同様、「夫とはヤリたくない」妻も増えていると聞きます。継続して調査していきたいところです。

(取材・文=水品佳乃)


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ページTOPに戻る