【桃子×アスモデウス蜜柑】

1.私が出会ったダサいチンコ!! 親指ドヤ男・靴下クン・真珠野郎に12時間連続挿入男も


 クリトリスの位置を探り当てることができず、「恥骨」をクリと勘違いして愛撫し続ける男――。こんな恐怖の都市伝説のような存在を連載コラムに綴り、反響を呼んだオトナのオモチャ愛好OL・桃子さん。そんな彼女と、「AV女優」「愛人の実態」「芸能人のヒドイ素顔」などを好奇心のままに潜入取材し続けるアスモデウス蜜柑さんが、スペシャル企画に参戦!! これまでに出会った“ダサいチンコ”を断罪する、桃子と蜜柑のフルーツチンポ対談、始まりまーす。

レディースサイズのドヤおじさん

蜜柑「恥骨くんコラム、本当にツボでした! 実は私も、恥骨をイジッてくる男性に遭遇したことあるの(笑)。あるから、すごい笑っちゃって。あーいたいた、と思って」
桃子「ありがとうございます。きっと、人生で一度も、クリトリスを触ったことがないんですよね。だってクリトリスは一回触ればわかるじゃない?」
蜜柑「そうそう。もっとずっと下なのに、なぜかVの毛がある部分を触ってるのよね。正面からはっきり見えるような位置を……」
桃子「ずっと恥骨を押してるから『何してるんだろー?』と思って、しばらく考えて……とりあえず3回は会ってエッチしたんですけど」

――何で3回もしたんですか?
蜜柑「言ってあげたほうがいいのかしら?」
桃子「誰かが言わないときっとこれからも気づかないですよね。彼は当時もう30代半ばの年齢でしたし」
蜜柑「それはきつい!」
桃子「もし仮に、20歳で童貞を卒業していたとしても、14~5年は(恥骨を)触ってることになりますもんね」

――クリの場所を勘違いしたままの恥骨くん、可哀想になってきました。そういうダサチンエピソード、他にもありますか?
蜜柑「私、いっぱいあります」
桃子「どうぞどうぞ。じゃあカードを一枚ずつ出しあって(笑)」
蜜柑「じゃあ、まずは一枚目。アソコのサイズが、女性の親指くらいしかない人」
桃子「女性の!?」
蜜柑「そうなんです。でもチンコ以外は全部いいんですよ。40代で顔もいいし、立ち居振る舞いも女慣れしてるし、港区のタワーマンションに住んでて、ベンツ何台か持ってるぜ俺、みたいな。女遊びも相当してるはずなんですけど、サイズはこれ(=親指)。ナカではイけないので、いつもフェラチオでイくんです」
桃子「それ、どうやってフェラするんですか?」
蜜柑「こうですね(手コキで撫でる)。あとは吸い上げるだけです」
桃子「吸って上に伸ばす感じ?」
蜜柑「そうそう。心持ち大きくするみたいな(笑)」

――それなら「オエ」ってならないですね、楽そう。
桃子「通常時も親指サイズで、MAX時でもピコンッて角度が上がるだけ?」
蜜柑「うーん、通常時は見たことないけど……とにかくMAXが“女性の親指”サイズなのよね」
桃子「本当にポークビッツじゃない。普段は小指くらいなのかなあ? その人は、剥けてるんですか?」
蜜柑「剥けてはいるわね。で、いい匂いもするんです。全体的に体臭がいい匂い。化粧水とかもラ●コムの高い美容液使ってる人」
桃子「伊●丹メンズ館で買うような」
蜜柑「そうそう、なのに脱いだら親指サイズ! しかも、それだけミニマムなのに、脱ぐ時すごいドヤ顔なのよ。ミニサイズの男性とも何人かお相手したことはありますが、ほとんどの方は恥ずかしがったり、何か言い訳したりするのに……」
桃子「ああ、わかります。確かに、他は完璧なのにソコだけちっちゃいタイプの人って、ドヤ顔で、むしろ俺に抱かれて嬉しいだろ、くらいな態度で来ますよね!」
蜜柑「それ。なんか謎でしたね。そんなん入ってもわかんないし、むしろオナニーのほうが気持ちいい。頑張って膣を締めたりするんですけど……」
桃子「ピストンしても抜けるでしょうし」
蜜柑「そうです! 正常位なのに抜けるのよ。っていうか、体位を変えようとしたら絶対に抜けちゃう(笑)。そのくせ、彼は『お前がユルいからだ』ってことにしてくるのがイヤだったわ。しかもその彼、“自分が愛撫されるパターン”が定型化していて、そのパターンを最初に申し渡されたの。『このやり方じゃないと嫌だ!』みたいな。ドA型でしたね」
桃子「ええっ、普通、言わないよね……。ちなみに、どんなパターンでした?」
蜜柑「最初に左乳首を指や唇で愛撫。右からだとダメ。次に右乳首に行って、脇腹を両方舐めて、チンぐり返しの姿勢になってアナルを舐めて……結構長く舐めていると彼が『頑張ってくれてるな』って満足してくれて、『よし次は俺の番』みたいな。でも、いざ挿入すると、ちっちゃいから入ってるのかどうかすらわからなくて気持ちよくないので、結局私が口で抜く、というコースでした」

――彼の前戯はどうなんですか?
蜜柑「特に上手くはなくて、普通だったわね。前戯でどれだけ盛り上がっても、挿入すると冷めます。もうとにかく骨盤底筋に力を入れて『締めてあげなきゃ!』ってことで頭がいっぱいになっちゃう(笑)」

――感じる余裕ないですね。
蜜柑「全くないですね」
桃子「ひどい(笑)。でも、その人みたいに、愛撫の定番コースをきっちり決めてて『これじゃなきゃだめ』っていう男性って、結構いますよね。前に一度お手合わせした方で、イク時に乳首を強く噛んでほしいっていう人がいて。甘噛みくらいじゃダメで、もう彼の乳首がちぎれるんじゃないかってくらい、噛まないとイケなかったんですよ。『もっと強くかな?』『早くイってくれればいいのに……』って思いながら噛んでましたけど……さすがに怖くて」
蜜柑「初めてセックスする相手なのに、よくそんな率直な要求できるわね、その男! それって、挿入中に噛んでってことでしょ?」
桃子「そう、腰は動かしてるから、体勢的にも大変で(笑)、こっちが上半身を折り畳んでコンパクトにならないとダメ。この人はちょっと無理だーと思って、それ以降は会ってません。しかもカーセックスだった(笑)」
蜜柑「筋肉痛レベルね。乳首大好き男って、極端に乳首が発達してない?」
桃子「してる! どっちを噛んだか忘れたけど、片方だけ極端に大きくなってました」
蜜柑「ふふ、私の知人で、片方の乳首だけピアスを開けてる男がいるんだけど、やっぱりあいてない方の倍くらいのサイズなの。刺激を与えると大きくなる説は本当だと思う」
桃子「あえて乳首を大きく成長させようとしてる人もいますよね。ゲイの友人が、大きくするためにいつも刺激を与えてて、『最近大きくなったんだよね~』とかうれしそうに言っているんですよ」
蜜柑「ちなみに、さっきの“親指おじさん”は、乳首めっちゃ長かったの」
桃子「長かったんだ!!」
蜜柑「すごくね、伸びるんですよ。ほんっとに長くて。女の子にいっぱい吸わせてるんだなって(笑)」
桃子「だけど反対に、乳首では一切感じない男の人もいますね。っていうか、反応が薄いマグロみたいな人」
蜜柑「いますよね。マグロじゃないにしても、乳首は感じてほしいな」

靴下だけは死守する男

桃子「じゃあ次は私のカードね。なんかね、昔、絶対に靴下だけ脱がない人がいました(笑)。水虫なわけではなかったし、クサい臭いが漂ってくるわけじゃないんだけど、ホテルに行ってもお家に行っても、とにかく脱がない」
蜜柑「セックスの最中の話なわけだから、靴下以外は全裸なのよね?」
桃子「他は全裸。で、終わった後には『あ、水飲む?』とか言って、そのまま台所に水とか取りに行くんだけど、その時の格好も全裸に靴下。普通、他の洋服よりも先に靴下って脱いじゃうよね? でも彼は『俺、絶対に靴下脱がないから』って一回目の時から宣言してて」

――え、宣言するんですか! 「何で?」って理由は聞きました?
桃子「私は『いいじゃん脱ぎなよ』『別に気にしないよ?』って促したんだけど……ま、何を気にしないのかよくわかんないけど(笑)。理由は教えてもらえず、何回か『脱ぎなよ脱ぎなよ』って言ったけど、脱がず。エッチの後のシャワーもそれぞれ別々に浴びたい派の人だったから、ほんの一瞬の脱いでる時間も見れませんでしたね」 蜜柑「ちょっと待って、その男、シャワーを浴びて出てきて、また靴下履いてるの?」
桃子「履いてるの。場合によってはパンツも履いてましたけど」
蜜柑「実は、私……初体験が、靴下を履く人でした。今、おかしいのに気づきました」
桃子「えーーーーーーー!!」
蜜柑「靴下を脱がないし、私にも脱がせない人でした。初めてしたのが14歳くらいの時なんですけど、その人のせいなのか、私自身、靴下履いてヤるのが好きなんですよ。もう靴下そのものが好きなのかも」

――相手は何歳だったんですか?
蜜柑「25歳」
桃子「それ、制服的なソックスだから興奮するんじゃない?」
蜜柑「ああ確かに『制服着てきて』ってリクエストとかありましたね。でも、私服でニーハイを履いてた日でも『靴下は脱がないで』って」

――靴下を履いている脚にフェティシズムを感じる男だったのでしょうか?
桃子「確かにストッキングが好きな人とかいますもんね。パンストをまとった脚にスリスリするのとか」
蜜柑「いるいる。靴下は好きだけど、ストッキング好きな人は、別に好きじゃない(苦笑)。パンスト男で気持ち悪かったのが、『お金出すから、ストッキング破かせて』って要求。しかも、破いた後に女の子が履いて帰る用に、ストッキングのストックをちゃんと家にたくさん用意してるんですよ、その男」

――デリヘルのオプションプレイみたいですね。
蜜柑「替えもあるし、お金も払うから破かしてみたいな。破くといっても、ベリベリー! と乱暴にではなくて、ちょっとずつペリペリ、ペリペリッ……って破きつつ『ふふふふ』とニヤニヤ笑いながらやってて時間がかかる(苦笑)。なんか一眼レフに凝ってる人で、作品としてストッキングを履いた脚の写真を何枚も撮られたりもしました。破り方にこだわりがあるみたいで、『ここは破いたほうが美しくて……』とかブツブツ。上手く破けた時は、角度や照明をちゃんと調節して、大興奮でパシャパシャ撮ってました」

――マニアですね。ハメ撮りは撮らない?
蜜柑「撮らないです。ストッキングだけが好きなんです」
桃子「ストッキング好きは、多そうだからね」
蜜柑「そうですねー。ただ私、変な糞チンコたちのことも、自分でヤリたいと思ってヤッてる相手なので、その時は別に嫌だとかあまり思わないんですよ。自分から気に入って近づきたくなる人ってそんなに多くはないから、もし気に入ったら相手に彼女がいようが何でもいいから『ヤりたい!』って貫く。なので、基本的に関係を持っている時期は相手のことを気に入っていて、変なところも『可愛い♪』って思えちゃうんです。後々、冷めてから『あ、カスだったなー』ってなることが多いですね」

12時間耐久セックスレース

――「短小チンコは早漏」という定説もありますが、先ほど蜜柑さんがおっしゃっていた親指おじさんは早漏でしたか?
蜜柑「いや、早くないんですよ。ただし、中折れはします。でも私がユルいせいだって言われて、いやいやあんたが短小だからでしょ!って。」
桃子「中々イかないから疲れちゃって、腰を振り続けられない人もいるって聞くものね」
蜜柑「イけないのって、男女共にきついわよね」
桃子「本音を言ってしまえば、こっちが満足したら速やかにイってくださいって感じ(笑)」
蜜柑「ほんとそれ! なんなら同時にお願いしますみたいな」
桃子「たまに、何時間でも女を悦ばせ続けられるとか遅漏自慢の人、いるじゃないですか。それも困るよね」
蜜柑「……私、12時間挿入しっぱなし経験、ありますよ」
桃子「えーーーーーーー!? それ、途中で休んだりとかは?」
蜜柑「しない。相手はイくタイミングをコントロールできるという、すごいおじさまだったの。途中、私が疲れて30分だけ寝かせてもらいましたけど、休憩はそれだけ。12時間入れっぱなしで、その時はしばらくセックスはいいかなってなりましたね。1カ月くらいはヤらなくてもいいかなって思った」
桃子「愛液が乾いて痛くなったりしないの?」
蜜柑「少し乾いたりもするんですけど、動かしてるとまた濡れてきちゃう。その繰り返し。私は濡れやすくて、膝までつたうくらいびちゃびちゃになるので、それでなんとかできたのかも」

――入れっぱなしの濡れっぱなし。その間、トイレとかどうするんですか?
蜜柑「行ってないですね。行きたいとも思わず。水も飲んでない気がします」

――脱水になっちゃう。相手の男の人も?
蜜柑「そうです。その人は早くイこうと思えばイけるそうだけど、勃ちっぱなしでした。だから、薬キメてんのかな? って思った(笑)」
桃子「なんか血がそこに集中しちゃって貧血とかなりそう」

――その男性、サイズ的にはどういう感じだったんですか?
蜜柑「女性で言うGカップ」

――え、大きくないですか?
蜜柑「大きいんです。500mlペットボトルに似てる」
桃子「大きい大きい。それが一番今までで大きい?」
蜜柑「大きさだけで言うと、チンコに真珠みたいなヤツを仕込んでた人がいて。彼が最大でしたね。多分もともと大きいんですけど、小さめのパールサイズのものを40個ほど入れていて」
桃子「それで炎症とか起こさないってことは、ちゃんといい病院で施術しているのかもね。『ペニスサイズを大きくします!』って謳っているクリニックで粗悪なところで施術しちゃうと、炎症を起こして結局切断しなきゃいけない例もあるみたい」
蜜柑「えっ、怖い」
桃子「悲しいよね、大きくしたくて入れたのに、切断しなきゃいけない」

――切断って、途中まででもいいんですか?
桃子「ううん、根本まで。だって(途中まで)残してもしょうがなくない?」

――確かにしょうがない……。
蜜柑「悲しいー、それ」
桃子「しかもひどいクリニックだと、まず包茎の手術に行って、麻酔が切れかかって患者が朦朧としている時に『君、サイズもあれだからやっとく?』と追加施術を勧めるんですって。患者さんはもともとチンチンにコンプレックスのある人だから『お願いします』と言っちゃって、やられて、ぼったくられて……」

――許せませんね。ボールじゃなくて液体シリコンを注入する場合、何ccいくら、という量り売りのような感じなんでしょうか?
桃子「そうそう。それで注入して。竿の部分は炎症とか起こしたら取り出せるけど、カリの部分はもう取り出せないんですって。だから切断」

――怖い! カリをぱんぱんにしたい男の人って、わりと多そうじゃないですか。
蜜柑「いますよね。『カリぱんぱんで今日は気持ちいいぜ!』って男」
桃子「でもね、前に専門家の先生に聞いたんですけど、カリのサイズって生物学的には何の意味もなくて、だからその大きさを測った統計のデータもないんですって。そういえば、日本人って膨張率を誇るじゃない? でも膨張率に関する統計も実はあんなりなくって、実際意味のないものみたい。よく男性誌の【金髪女を抱きに行った】なんて企画で『俺たち膨張率は凄いんだぜ』とか日本男児を慰めるようなフレーズがあるけど、いや別にって感じですよね(苦笑)」

LINEのbot男

蜜柑「そういえば私、どんな変態でもヤッてる時は好きだから気持ち悪いとか思うことはないけど、ひとりだけ、許せなかった男がいるの。今、ラブホテルって無料でAV見れるじゃない? その男は、セックスを始めてもAV付けっぱ、かつ大音量で、部屋中に女の子の喘ぎ声が響いてる状況で、フェラされてる間ずっとテレビ目線だった!」

――出た、AV見ながらフェラされてる俺~。
蜜柑「そうそうそうそう!」
桃子「それ、私も遭遇経験あります! 最悪ですよね。正常位でしていても、私じゃなくて、私の頭の向こう側にあるテレビを見ているという」
蜜柑「さすがにそれは本気で許せなくて、『セックスしてる時は私のこと見て』って思うから。見られてるから、より感じるのに。さすがに怒りました。途中でやめて、彼をホテルに取り残しました」
桃子「その人とはもうそれっきり?」
蜜柑「それっきりですね。でもその人から未だにLINE来るんですよ。その内容を、今、披露したい」
桃子「どういうこと?」
蜜柑「なんか、(LINEで)勝手に待ち合わせしてるんですよ。一回も返事してないのに、ずっとくるんです。『今度また会おう』から始まって、『●日か×日なら俺はあいてるよ〜』『●日でいい?』『●日ダメなの? 返事ないから心配だよ〜』こんな調子で、毎日毎日。また会えると思ってるのかしら?」
桃子「心配とか(笑)。完全に振られてるのに、ここまで連投できるってすごいですね。もうbotみたい」

――でもブロックはしないんですね。
蜜柑「しないですね、なんか面白くなってきちゃって。あ、そういえば、もうひとりbot化してる男いますよ。会う約束をしてた日に私が面倒くさくなっちゃてドタキャンして以来、毎日LINEが来るの。これも一度も返信してないのに、『大丈夫? 心配です』『おはよう。気分はどうですか?』とか。おまけにTwitterも監視してるからエアリプしてくる」

――もし彼らに一回でも『もう連絡しないで』とマトモに返信したとしても、『え、何で?』とかまた永遠にbotしてきそうですね。
桃子「その人たち、LINEのアカウント交換してるだけで彼氏認定されてるつもりなのかな? 脳内で付き合ってるつもりとか」
蜜柑「あ、そうなのかもしれませんね。確かに、会うたびに花束とか持ってきてた。どっちも40代のおじさんなんですけどね。いつまでめげないで続ける気なのかしら。私もbot作ろうかな(笑)うざい男bot」

  (後編へつづく!)

このコラムへのレビュー(4件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2015/08/30 投稿者:ラン
      
    おすすめレベル:★☆☆☆☆

    それって、副腎性器症候群の女性では?染色体調べるとXXで、ホルモンの関係で、体が男性化します。

  • 2014/05/14 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★☆☆☆☆

    分かる!必要以上に相手をさげすむ人って根暗って言うか結局不満のカタマリ

  • 2014/05/13 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★☆☆☆☆

    私は、なんかこういう男の人を下げずむような内容は、女として痛い感じがするので好きではありません。

もっとみる

プロフィール

messy

記事提供

■桃子/オトナのオモチャ130種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。
ブログ twitter!
URL:messy

messy

記事提供

■アスモデウス蜜柑/ 好奇心旺盛な自他共に認める色欲の女帝。長年高級クラブに在籍し、様々な人脈を得る。飲み会を頻繁に企画し、様々な男女の掛け橋になり人間観察をするのが趣味(捻くれてるって?余計なお世話よ!)。そのため老若男女問わず恋愛相談を受けることが多い。趣味は映画観賞で週に3本は映画を見る。
URL:messy

掲示板

  • サイトへのご意見・ご要望2(122)
    あ、私もそれ思ってました! レビューじゃなくてなんでわざわざ掲示板にコメントするんだろう?って内容を時々見ますね。 携帯で見ると、結構下の方にレビュー欄が出てくるのでスクロールしないとわからないので、見逃してる人もいるかもしれませんね。
  • かなりどうでもいい独り言です。(4)
    ノンちゃんさん返信ありがとうございます。かわいいなんて言って貰えるなんて恐縮です。(〃ω〃) 少し前まで「陣×凍矢のBL?ふざけんな!」と思ってたのに「私が性的満足感を得られるエロ本としてなら認めてやる。…絵の上手な陣×凍矢の18禁同人誌なら買っていこうかな…」と思うようになってる自分にビックリしてます。(^◇^;)

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る