GIRL'S CHアンケート”ヒミツのガールズトーク”

バナー

婦人科系疾患の早期発見も!?婦人科検診は受けていますか?

女性特有の悩みを解決したり、治療する婦人科。
普段から体調不良でかかる機会の多い内科などと違って、少しだけ敷居が高いイメージがあるという方もいるのではないでしょうか。
しかし婦人科系疾患は、自覚がないまま進行するということもあり、定期的な検診を受けることが大切。
そこで今回はユーザーの皆さんに、婦人科検診を受診しているかどうかを聞いてみました。


婦人科系疾患の早期発見も!?婦人科検診は受けていますか?(総回答数 16人)


・定期的に行っている…5人(31.25%)
・何回か行ったことはある…5人(31.25%)
・行ったことはない…6人(37.50%)


6割以上の方が行ったことがあるものの、「行ったことがない」という方も4割弱いらっしゃいました。
『受けたほうがいいのはわかってるけど足が向かなくて…』
婦人科検診を受けるにあたって、ネックに感じていることはどういった部分なのでしょうか?




局部を見せることに抵抗がある


「卵巣のう腫があり、定期的な検診が必要なので受診しています。ただ、予約するときには女医さんの診察を希望しています。カーテン越しに、局部広げて見せるのは抵抗があります。」(45歳)
「処女のときに無料の子宮頚がんの検査を受けに行って、痛み等はなかったけれど少し衝撃だった。」(25歳)
「検診は定期的に受けた方がいいのはわかっているんだけど、何回行ってもあの診察台は苦手。」(27歳)

見ず知らずの人に自分の局部が丸見えになってしまうという、精神的なハードルを感じているという意見が多く見られました。
カーテン越しで何をされているかわからない恐怖感、知らない人に大事なところを触られたり見られたりする不安感は、同じ女性であれば想像に難くありません。



痛みがある


「職場の健康診断で、2年に1度受けてます。何度受けても痛いですね。」(26歳)

マンモグラフィでは乳房を圧迫して撮影をするので、痛いという感想をお持ちの方もいるのでは。
子宮頸がんの検診でも、体組織の一部を採取したりするので、違和感を感じる人がいらっしゃるかもしれませんね。
ちなみに筆者は、器具のヒヤッとした感じが苦手です。



受診するのが面倒


「友達を乳ガンで二人亡くしてるので、行かなきゃとは思いながらもいっていない…めんどくさかったり、仕事で時間がない…。日曜とかやってたらいくかも…」(38歳)

自治体によっては、無料で検診を受けられるチケットを配布しているところもありますが、仕事の関係で指定された病院には通いにくい、チケットの有効期限前は混雑する、など面倒くささを感じてしまう部分もあります。
土日にあいているクリニックもありますが、時間外診療の費用が加算されますので、利便性を優先するか、費用を優先するかは自分次第となります。


それでもやっぱり受診してよかった!


「親戚に子宮がんが見つかり不安になったため検診へ行きました。将来子供を持つことを希望しているので今からできることはしておきたいと思います。」(25歳)
「会社の健康診断で何度か受けました。子宮頚部やマンモグラフィ…、特に子宮の様子をモニタで見た時は何だか感動しましたね、『ホントにあるんだ(゚∀゚;)』って…(笑)。最初はビックリする事ばっかりでしたが、一般的な健康診断ではまずわからない所だから、受けてよかったと思ってます。」(32歳)


現代医療では、早期発見で治療できる疾患はたくさんあります。
子どもを産みたい、産む予定があるという方は、自分や大切な人のために、定期的に婦人科検診を受診することを強くオススメします!



(ライター・GIRL’S CHスタッフ)


アンケートTOPへ戻る

掲示板

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る