2017年の勝負下着占い

牡羊座  牡牛座  双子座  蟹座  獅子座  乙女座  天秤座  蠍座  射手座  山羊座  水瓶座  魚座
牡羊座
「契約」がキーワードの1年になるでしょう。
契約と聞くと、やや堅苦しいイメージを持つかもしれませんが、とんでもない。
ウキウキとした表情で署名捺印する牡羊座さんの姿が目に浮かぶようです。
たとえば貴女が派遣社員としてお勤めなら、契約更新などの嬉しい書面にサインすることになるのでしょう。
オフィシャルに限らず、プライベートでも、きちんと契約を締結させることは、安心材料にもなり、また社会的な信用度にも繋がります。
プライベートでは、将来に向けた約束事が交わされる展開も期待できます。
結婚を見据えた同棲で、賃貸物件の契約書にサインする人もいれば、「婚約指輪」を贈られる人もいるでしょう。
前半戦の「契約期」を経て、後半戦は「新規参入」の流れが起きます。
これまで、「まだ早い」と思っていた、新しい物事に着手する準備が整うでしょう。
その直前には、貴女にとっての良きアドバイザーも現れます。
アドバイザーからのGOサインで、いよいよテイクオフのときを迎えるのです。
2017年の勝負下着:エロス重視で!





牡牛座
2017年の牡牛座さんは、「スキルアップのための下ごしらえ」に挑むこととなるでしょう。
貴女の中で、「仕事」に対する意識に変化が起きようとしています。
最近、ワークライフバランスという言葉が注目されていますが、貴女にとっても大きな意味合いを持つキーワードとなる予感。
ご自身の人生において、仕事の占める割合と、プライベートな楽しみ事の割合に関して、真剣に考える機会が増えます。
そして貴女は、余暇の割合に重きを置きたいという、とりあえずの結論に行き着くのでしょう。
そのためには、がむしゃらに労働力を提供するのではなく、社会から必要とされるスキルが必要と、建設的な取り組みに着手することになりそうです。
方向性が見えてくるまでは、色っぽいロマンスは一時休止となりますが、ある程度の目安がついた段階で、視界は一気に薔薇色となるでしょう。
特定の男性との、身も心も満たされるような関係性から、深い安堵感が得られます。
そのためにも、まずはスキル獲得なのです。
2017年の勝負下着:フンパツしてセミオーダーにトライ!

双子座
究極の2択です。
仕事と恋愛、どちらか選べと言われたら、さて貴女はどちらを選ぶでしょうか?
同時進行を得意とする双子座さんですから、「どっちも!」という答えが返ってきそうですが(笑)。
2017年の双子座さんは、ひと味違います。
同時進行は封印し、一点集中型になるでしょう。
どちらに集中するかというと、後者のほう……そう、恋愛です。
恋愛含め、プライベートが充実する1年間。
これまで、いわゆる「バリキャリ女子」として、バリバリ仕事し、キャリアを積み上げてきた人も、ここいらでちょいと立ち止まり、プライベートにも目を向けるときがきたようです。
もちろん、必要最低限の義務を全うすることは大事ですが、プライベートの充実が、お仕事にも好影響を与えるのでしょう。
恋愛に絞って言えば、「いまを楽しむ」ことが大事です。
女性ですから、「結婚を前提に」という部分を重視したいお気持ちはごもっとも!
その本音を隠す……というか、いったん忘れることで、貴女が望む未来を手に入れることができるのでしょう。
2017年の勝負下着:補整下着。

蟹座
2017年のキーワードは「スマイル」です。
笑顔が尽きることのない、楽しい1年になるでしょう。
ひとくちにスマイルといっても、色々な種類の笑顔がありますよね。
2017年は、モナリザの微笑みというよりも、お腹を抱えてゲラゲラ笑い転げるようなイメージです。
「箸が転んでもおかしい年頃」ということわざをご存知でしょうか。
ほんのちょっとしたことがおもしろおかしくてたまらない、思春期の女の子を指します。
そういう意味では、スケールの大きい幸せというよりも、小さな幸せに価値を見出す1年になるのでしょう。
多くを求めない、まさに「足るを知る」の生き方は、2017年後半に、思いもよらぬ形で返ってきます。
これまで、仕事中心に生きてきた人にも、プライベートを充実させることの素晴らしさを味わう季節の到来です。
「プライベート」の具体的内容ですが、主に「恋愛」がメインになるのでしょう。
恋愛運好調期へ突入する2017年後半に向けて、前半戦は「身近な幸せ」を素直に喜ぶことのできる懐の深さを構築する期間です。
2017年の勝負下着:派手めのデザインを。





獅子座
色んな意味で「広く、浅く」の1年になるでしょう。
「広く、浅く」の対義語は、「深く、狭く」です。
どちらが良くて、どちらが悪いということはありません。
2017年の獅子座さんには、たまたま「広く、浅く」のほうが適しているということなのでしょう。
もちろん、「広く」といっても限度はあります。
たとえば仕事に関しては、本業のほかに何か1つ、副業を始めることになるのかもしれませんね。
「私の会社は副業禁止だから、そんなことはありえない!」という人にも、貴女の持つ特性を活かして、お知り合いのちょっとしたお手伝いをすることになり、そこからお小遣いを得るなど、そういったケースもあるのでしょう。
アフィリエイトや、ミステリーショッパーと呼ばれる覆面調査のお仕事などにもご縁がある予感。
恋に関しても、前半戦は「広く、浅く」です。
色々なタイプの男性と触れ合い、そこから後半戦に向けて、絞り込んでいく流れになるでしょう。
2017年の勝負下着:キャミソール。

乙女座
2017年の乙女座さんは、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」がキーワードの1年になるでしょう。
徳川家康の処世術を表した言葉です。
尚、織田信長は「鳴かぬなら殺してしまえ」、豊臣秀吉は「鳴かぬなら鳴かせてみよう」で表されています。
結果的に、鳴くまでのんびりと待ったことで、家康は最後に笑うことができました。
世間一般的には、積極的に行動を起こすことが良いとされていますが、2017年の前半戦はどーんと構えている姿勢が吉と出るでしょう。
転職や引っ越しを考えている人も、とりあえずはもうちょっとだけ様子を見ることで、そこに幸運が舞い込んできます。
動きたい衝動に駆られるかもしれませんが、大丈夫ですよ。
2017年後半戦の乙女座さんは、セグウェイに乗ることになりますので。
前半戦とは打って変わって、フットワーク軽く、あちこち動き回るイメージ。
転職や引っ越しに関しても、後半戦にゴーサインが訪れます。
年末を迎える頃には、一斉に鳴き出したホトトギスのさえずりが、さぞ心地よく聞こえてくるでしょう。
2017年の勝負下着:ライトカラー。

天秤座
2016年9月上旬、拡大と発展を運ぶ最大の吉星・木星が、2005年10月ぶりに天秤座さんの領域へと入りました。
木星が滞在する2017年10月上旬までの1年1ヶ月間の天秤座さんは、いわゆる「12年に1度の大幸運期」の真っ只中です!
いま現在、目に見えた出来事が起きていない人も、幸運を受け取る期間はまだたっぷり残されているのですから、どうか焦らずじっくりとお待ちくださいね。
2017年は、貴女自身の幸運だけでなく、貴女にとって大切な人へも「幸運のお裾分け」をすることになるでしょう。
2017年の天秤座さんは、「ベーキングパウダー」なのです。
ほんのちょっとの分量で、ケーキやパンを膨らませる魔法の粉……貴女が起こす、ほんのちょっとしたアクションは、何倍もの大きさになることでしょう。
10月中旬以降は、秋までに掴んだ幸運をベースに、財を構築していく流れです。
そして年末を迎える頃には、これまで数年かけて学んできたことが、形になるのでしょう。
2017年の勝負下着:ベビードール。

蠍座
2017年は、12星座の中でも、1、2を争うほどの好調な運気となるでしょう。
蠍座さんにとって最大のトピックスは、なんといっても10月10日!
「目の愛護デー」と、覚えてくださいね(笑)。
この日、幸運を運ぶ天体・木星が、2006年11月ぶりに、蠍座さんの領域へと入ります。
目の愛護デーから(笑)、2018年11月まで、蠍座さんには12年に1度レベルの大きな出来事が次から次へと起きるでしょう。
目の愛護デーまでの10ヶ月間は、幸運を享受するための準備期間です。
この10ヶ月間は、自分のことよりも、周囲の人のために動き回るようなイメージ。
そこに、現実的な見返りが感じられなかったとしても、貴女の心は充足感でいっぱいになるのでしょう。
現実面での利益は度外視して、ちょっと大げさな言い方になりますが、魂レベルの満足度を大切にすべき期間です。
もちろん、生きていくうえでの「現実」は大事ですが、年末を迎える頃には、魂だけでなく、現実面での豊かさも手に入れていることでしょう。
2017年の勝負下着:シンプルイズベスト。

射手座
2017年のキーワードは、「生き甲斐」そして「使命」です。
ご自身の人生について、長期スパンでの方向性が固まることになるのでしょう。
自分にとって、ライフワークと呼べるものは何なのか、そしてそのライフワークによって、自分は社会とどう関わり、社会に何を還元できるのか……そういった大きなテーマと向き合うことになりそうです。
1人で考え込む必要はありません。
2017年の射手座さんは、友達からのバックアップに恵まれる運気ですから、行き詰まることがあれば、誰かがそっと手を差し伸べてくれるでしょう。
恋も仕事も、友達関係から良い情報が舞い込んできます。
どれだけ忙しくても、友達付き合いを大事にすることで、運気に追い風が吹くでしょう。
そしてクリスマスを迎える直前、およそ2年間、射手座さんの領域に滞在していた土星が去ります。
2年間の「学び」と「修行」に終止符が打たれ、終業式直後の小学生のように(笑)、開放的な気持ちになっているでしょう。
2017年の勝負下着:ペチコート。

山羊座
「スムーズ」がキーワードの1年になるでしょう。
なぜ物事がスムーズに進むのでしょうか?
それは、貴女自身の得意分野で勝負することができるからです。
たとえばお仕事において……仮に貴女の職業が女優だとしましょう。
そして、得意な役どころがキャリアウーマン系だったとしましょう。
今年は、ドラマにせよ映画にせよ、キャリアウーマン系のキャラクターばかり配役される1年です。
得意な役どころなわけですから、当然世間サマからの評価も上々です。
プライベートも然り。
これまでの歴代彼氏を思い浮かべてみて。
波長が合うカレもいれば、貴女を振り回すカレもいたでしょう。
2017年に接点を持つ男性は、前者のほう。
波長がぴったり合う、自然体で接することのできる相手でしょう。
得意分野で大活躍した前半戦から、後半戦は「反骨精神」がキーワードになっていきます。
これまでの貴女にとって「常識」だったことに対して、良い意味で「疑い」を持つことになります。
これまでの「非常識」が、むしろ「常識」になっていく、面白い流れが来ていますよ。
2017年の勝負下着:ガータベルト。

水瓶座
2016年後半から引き続き、2017年の水瓶座さんも、「先生」としてのポジションに従事し続けることになりそうです。
職場で後輩や新入社員を指導したり、プライベートな趣味の集まりでも、貴女に教えを乞いたいと願い出る仲間が次から次へとやってくるでしょう。
公私問わず、「教える」ことで、自分自身の学びも深まり、そこから得るものも大きい1年です。
また、「メインよりもサブ」がキーワードの1年でもあります。
たとえば幾つかのバンドが対バンするライブにて……お目当てのバンドよりも、ほかのバンドのほうが意外に良くて、そちらに惹かれていくようなイメージ。
人気カレー店に入ったら、カレー自体もさることながら、福神漬けが絶品だった…などの体験をすることになるのでしょう。
そして、貴女にとって無理をしていた人付き合いを、後腐れなく手放すことができるターニングポイントでもあります。
人間関係の悩みが払拭されることでストレスフリーになった貴女は、主にキャリア面において、大きく前進することになるでしょう。
2017年の勝負下着:ヒモパン。

魚座
「世を忍ぶための仮の姿」がキーワードの1年になるでしょう。
貴女がいま現在、公に見せている顔は、あくまでもオモテ向きの顔。
その「オモテ向きの顔」とは別の「顔」を持つことになるでしょう。
周囲の人は、貴女の「別の顔」に気付きません。
貴女自身も、知らせようとは思わないのでしょう。
イチ会社員として平凡な日常を過ごしている人が、ペンネームを使って大ヒット漫画を描いているようなイメージです。
そして、もう1つのキーワードは「駆け落ち」です。
もちろん、実際に駆け落ちをするという意味ではなく(笑)。
何もかも手放してでも成し遂げたいと思えるような、貴女にとっての一大事が待っていますよ。
良い意味で、なりふり構わず突っ走ることになる1年間です。
とは言え、「オモテ向きの顔」では、涼しげな表情をキープし続けることになるのでしょう。
そして後半戦、いよいよ「オモテ向きの顔」に、ひと区切りつけることになりそうです。
そこから「別の顔」がオモテに出るのかと思いきや、全く別の「顔」になるのでしょう。
2017年の勝負下着:インポートランジェリー。


プロフィール

菊池美佳子さん

菊池美佳子さん

21歳~29歳まで、様々なナイトワークを経験。
その経験を活かし、引退後は文筆業に転身。
2013年からは占い師としても活動中。
月刊誌・スポーツ紙・Webなど、多数の媒体に連載・寄稿中。性に関する著書多数あり。

掲示板

  • 欲求不満(1)
    不倫
  • 欲求不満(´・ω・`)(58)
    エロ小説か何かで、「私、ピル飲んでるから大丈夫」みたいな話があって、 ワンナイトする人はそういうパターンがあるのかと思っていました。 中絶も20歳前後が多いと思いきや、40歳以降の夫婦でも思いがけずというのが 意外とあるらしいです。 セフレほしいけど、もめると最悪は事件に発展してしまいますし…。 動画見て一人で慰めてます。 夫としたときのドクンドクンが好きだったけど、ピクリともしなくなって久しいね~。 もうずっとレスですけど。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る