GIRL’S COLUMN

【連載】もっともっと♥感じるためのAV講座 第25回 今見るべき伝説の名作AV・その1


アダルトライター・文月みほが、AVをもっともっと楽しむための情報をお届けします。今回のテーマは、AV界が生んだ奇跡の名女優・つぼみちゃんについて。AV業界を愛し、ファンの一人一人を愛し、この世の生あるものすべてを愛しているのではないかと、信じさせてくれる彼女の魅力を紐解きながら、『終身名誉処女』と称賛されるつぼみちゃんの最大の魅力でもある【処女性】について考えていこうと思います。


■正確な出演作品は測定不能!! AV史上最高の売れっ子女優

AVの歴史が始まって約35年。かつてはアスリート並みに刹那的だったAV女優の寿命ですが、今では5年、10年、それ以上と、現役を続けている女優さんが目立つようになってきました。今回、取り上げるのはその中の一人、つぼみちゃんです。デビューは2006年。本来なら「つぼみさん」とお呼びしなくてはならないほどの大ベテラン女優なのですが、いまだに彼女を「ちゃん」づけで呼んでいるのは、彼女においては「ちゃん」こそが最大級の敬称のような気がしているから。つぼみちゃんをご存知の方にはすぐに納得して貰えると思うのですが、彼女は「ちゃん」と呼ばなくてはいけないと感じさせる神秘の力があるのです。年齢やその他もろもろを超越した存在となっているといっても過言ではないかも…。本当にこんな可憐な美少女を私は他に知りません!

といっても、彼女をご存じない方には大げさな言い回しに聞こえるのでしょうね。その凄さを数字の上で感じていただくとすれば、彼女の出演本数はAV史上1、2を争う数で、軽く1500本を超え、正確な数は本人すら把握できないほど。1つの作品内で3回セックスをしているとして単純計算で4500回、日数で換算するなら12年間毎日セックスしていることになるにも関わらず、彼女は『終身名誉処女』と称賛されている特別な存在なのです。あら…ますます意味不明になってしまいましたか?

では、こちらでどうでしょう。2012年、AV業界の誕生30周年を記念して行った、30年分の全AV女優・20000万人を対象とした総選挙で、堂々の1位に輝いていた実績も持っていると言ったら、彼女がどれだけ凄い女優さんなのかお分かりいただけるのではないでしょうか? そして、年に一度行われる大ファン感謝祭『つぼみ祭り』は、チケット代が20000円という高額にも関わらず、毎回ソールドアウト。2万円ですよ!? ケタ間違っていませんからね!(ちなみに、女子は9千円で参加できます)

それでも、まだ彼女が特別な存在だと信じられないというあなたのモヤモヤの理由は分かりますよ。「そこまでの美少女かな?」って思っているのではないですか? そうなのです。彼女の第一印象は、たしかにカワイイけれど地味な女の子。実は私も最初はそう思っていたのです。事実、デビュー当時、彼女は全く売れない女優でした。人気メーカー・エスワンの専属女優としてデビューしたものの、彼女を大きく扱った雑誌はゼロ。メーカー一押しの新人女優をもれなくインタビューしている私の元にも、取材要請はありませんでした。

ところが、それからわずか数年で、彼女は押しも押されぬトップ女優に。それも男に媚びたセックスをしまくった結果ではありません。実際、女性ファンが多い事でも有名で、AV女優さんの中にも彼女のファンがたくさんいるのです。今や、老若男女を虜にしている彼女は、まさしく奇跡と呼ぶにふさわしい存在なのです。


■誰にもまねのできないハードな撮影の数々

では、なぜ人気がなかったつぼみちゃんが、ここまでのカリスマ的人気女優となったのか?

その理由は彼女の出演作を見ればわかります。最もつぼみイズムが表れている作品をセレクトしてみたのですが、女性の皆様はこれを見て、彼女のケタ外れの人気の理由を見抜けますか?


『「…アタシでいいんですか?」 つぼみが40才童貞の自宅で筆おろし』(2009・グローリークエスト)
 13etc21pl

『禁断介護16 ~女子校生と老人の性~』(2008・グローリークエスト)
 13scd16pl


『つぼみんの早漏改善合宿 つぼみ』(2014・ワンズファクトリー)
wanz272pl

『ホームレスJAPAN無制限生中出し 路上生活者軍団vsつぼみ』(2010・ディープス)
dvuma136sopl

 
ロリータ系美少女としてデビューを果たした後、彼女は拘束、大量ぶっかけ、レイプなど、ハードでマニアックなAV作品に数多く出演するよるになりました。その中でも、彼女にしかできない作品がこれら。注目して欲しいのは、つぼみちゃんがセックスする相手です。世間では魔法使いと呼ばれている40歳童貞、世間体も気にせずに己の欲望のまま余生を送る老人、女泣かせの早漏、そして極めつけに絶対に関わりたくない人たちの筆頭格ホームレス!
いくら仕事とは言え、かなりハードなお相手たちですよね。肉体的なダメージより、精神的な苦痛が圧倒的で、当然、NGにしている女優さんがほとんど。しかし、このメンズたちを、つぼみちゃんは、決して渋々ではなく、もれなくにこやか~に受け止めるのです。もれなくですよ!

中年童貞が委縮して勃起せず、撮影が中断してしまってもつぼみちゃんは迷惑そうな顔など一切しません。それどころか彼女はテレながら彼をヒシッと抱き寄せて感謝の言葉を述べます。キスするだけでも抵抗感のある老人には甘えた顔でされるがままに戯れ、列をなしてやってくる早漏男たちに囲まれると驚きつつも楽しげに眼を輝かせます。そして、私を最も感動させたのはホームレスとのカラミ。確実に異臭を放っているであろう雑然としたブルーテントの中に足を踏み入れるだけでも相当な覚悟がいるものですが、中で待っている相手は不潔な上、猜疑心丸出しの無愛想なホームレス。目が合っただけでツバでも吐きかけてくるのではないかと怯えてしまうレベルの年季の入った世捨て人にまで、彼女は感謝を込めた視線で見つめながら性欲を満たしていくのです。たとえこれが演技であったとしても、この表情ができる女子がいったい何人いるでしょう?

感動と、「でも、ちょっと出来すぎじゃない?」という疑惑を胸に、これらの撮影の裏話をつぼみちゃん本人に聞いてみたことがありました。すると「NGの男優さんは1人もいませんよ」という言葉に続いて、「ホームレスの作品は、監督が一生懸命、撮影に協力してくれる人を探して実現したんです。だから、あの家も本物です。撮影に協力してくれて本当に嬉しかったんです」と聞かせてくれました。中年童貞に関しては「私でいいのかなって、まずそう思いました。監督さんから童貞の方は勃たなかったり途中で萎えたりするけど、凹まないでねって言われていたので、それは気にしていませんでした。それより、40年間セックスの楽しみを知らないでいたのはもったいないと思ったので、それをぜひ知って欲しかったんです」。

さらに彼女の話はこう続きます。「きっとこの年齢の人たちは自分からガンガン行きずらくなってると思うんですよ。だから殻をやぶって解放しようよってその気持ちを伝えました。だから頑張って卒業してくれた時には嬉しくってぎゅ~って抱きしめちゃいました。それに、初めてのエッチでさくさくっと終わってしまうのって寂しいじゃないですか。今後は性欲を抑えてコンプレックスを感じないように、これがいい思い出になっているといいなって思っています」

……あ、天使見つけた! その時、本気でそう思いました。ただのリップサービスなら逆にげんなりしていたでしょう。でも、彼女が漂よわせている柔らかなオーラには、その言葉を信じさせる不思議な力に満ちており、そんな奇跡を目の当たりにした興奮で、取材を終えた夜はなかなか寝付けなかったほど。女性の皆さま、いるんですよ、この世にも天使が!!!!! 


■どれだけセックスしても失われない処女性の理由

そんな生ける天使=つぼみちゃんに、ターニングポイントとも言える印象に残った作品を聞いたこともありました。「全部、覚えているんですけど…」出だしのこの一言だけでも私はビックリしました。1500本もの作品を覚えているってどれだけの記憶力の持ち主なのかと。実際、私が気になっている作品の話をしても、彼女はすぐにその時の想い出を聞かせてくれました。本当に覚えていたんです。でも、そんな驚きよりはるかにビックリしたのは、彼女が打ち明けた印象に残っているという作品のタイトルでした。それがこちらです。

『極限露出 つぼみ』(2010・アイエナジー)
 1iesp552pl


漫画喫茶、大型マンション、カフェと、ありえない場所で次々と素肌を晒していくつぼみちゃん。撮影に規制がかかった今では絶対に撮ることができない貴重な露出作品です。この作品、私もリアルタイムで視聴済みで、内容もしっかり覚えていたため、タイトルを聞いた瞬間は「本気でイヤだった作品」として印象に残っているのだと思いました。ところが「それまでは、うちにうちにこもる作品が多くて、私自身もそういうものが好きだったのですが、極限露出を経験した後はオープンになれたと思います。撮影では、いつもやらなきゃいけないって感じで相手の方に接していたのですが、これ以降は積極的に自分から仕掛けていくことも知って、責める楽しさも覚えました」。そう、はにかんだ笑顔もまだ私の胸に中に色濃く残っています。

これだけ聞くと、ハードなプレイを楽しむただの過激な女の子ですが、インタビューの度に彼女が必ずいう一言があり、それこそが彼女の神秘性であり、永久に失われないと皆が確信している処女性の証だと感じている言葉があります。それが「撮影は凄く緊張しました」という告白です。これまで10回前後、彼女にインタビューをしてきましたが、どの作品の撮影秘話を聞いても「緊張しました」という言葉で始まります。そして、その緊張は画面の中からしっかり伝わってきます。どの作品を見ても、新人さんなのではないかと勘違いさせる真のはにかみを浮かべているのです。

そして、これが彼女は10年に及ぶAV女優生活の中で、絶対的なルールとして守り抜いてきたこだわりでもあるのです。一期一会。彼女にとって、どのセックスも初めても同然なのだと聞かせてくれました。処女を捧げた日の緊張を失わないでいられる女性などいないと思うかもしれません。しかし、彼女はきっぱり言います。「同じシチェーション、同じ相手ということは絶対にありませんから」と。だから、毎回緊張するし、毎回新しい発見もあるし、毎回違う楽しみがあると。

この永遠に失うことのない『ドキドキ』こそが、失われることのない処女性の正体。私はそう確信しています。なんだ、それだけのこと? そう思うかもしれませんが、これって実際はかなり難しいですよね。ピュアな心でいたいけれど、やっぱり慣れたり、飽きたりするものですもの、人って。でも、やってできないことはない。そうも思いませんか? そう、女はいつでも処女に戻れる!! 彼女の存在こそ、それを証明してくれているのです。

つぼみちゃんは、男性にとっての心の支えであるのと同時に、女性にとって憧れの対象。女性が持つ神秘性の象徴でもあるのです。


■おわりに

さて、つぼみ論に関しては、まだまだ書き足りないのですが、今回もまた既定の文字数を大幅にオーバーしてしまったため、今回はここまでにします。ですが、最後に、彼女の人気を不動のものにした意外な作品をご紹介しますね。

『軽音部!』(2009・TMA)
55id17021pl

 
大人気ガールズバンド学園アニメのAV版です。ここで演じた物静かな黒髪少女役があまりにハマって、原作ファンの間でもかなり話題になりました。DVDもすぐに完売してしまい、発売直後のつぼみちゃんのブログのアクセス数が一気に6万回にまで伸びたという伝説的な作品でもあります。ハードなプレイは一切ありません。甘酸っぱい青春レズエッチ作品ですので、女性からの人気も上々でした。DVDの入手は難しいかもしれませんが、ネット配信で視聴できますのでぜひご鑑賞下さいませ~。ちなみに、私はつぼみちゃんのサイン付きDVDを持っています。例のごとく職権乱用です(笑)




◆ライタープロフィール
文月みほ(ふみづき・みほ)/アダルトライター。
1万5千本に及ぶAV鑑賞経験を活かし女性向け18禁イベント【花園AV女学院】を主催。
AV専門誌をはじめ、アダルト系WEBサイト、週刊誌などにAVレビューやAV女優・男優インタビュー記事など多数掲載中。     

オススメコラムリスト

掲示板
観たい動画のリクエストからセックスの悩みまで、匿名OKな掲示板

  • 北野翔太くんについて(13)
    彼が契約違反をしたのであれば、契約解除になってしまった事は仕方ありません。 今更、そのことを言い合っていても状況は変わりません。 ただ、今まで応援してくれていたファンの方々に、せめてなにか説明があっても良いのでは? 詳しい事項はいらないんです。 トラブルのジャンルくらいは、説明してあげても良いのでは? 法律で罰せられることでは無いのでしょう? どういうことにせよ、きっとトラブルの相手が言ると思うので、そこの詳細はいりません。 だけどどうして消えることになったのか、それだけでも提示してください。
  • 女性用風俗(40)
    AVだけの世界かと思えば 女性用風俗が本当にあることを昨日知りました! 女性ホルモン活性マッサージと言うジャンルもあるんですね。 すごく行きたい! レビュー読んでるとすごく 良さそう・・ どなたか行った事ありますか?

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る