【独り寝のお作法】

23. 真っ昼間からエロトーク! 女性が「性」を語る時につきまとう面倒くささ


 一気に春めいた先日。「女子オナニー会談」というイベントに出演してまいりました。略して「女ニー会」は、大阪在住のまなさんmessyにも登場!)がUstreamで配信している番組で、今回はそのリアルトークライブ版にあたります。東京で開催されるのは、これが二度目。オナニー漫画家&研究家の三ツ矢ナミコさんを加え、3人で「オナニーグッズBEST3」や「失敗オナニー」について、わいわい話してきました。しかも真っ昼間から!

 私が呼ばれるのは、セックスやらオナニーやらバイブやらについて話すイベントばかりなので、夜に開催されるものと相場が決まっています。なのに、今回のイベントは13:00スタート。調子が狂うかと思いきや、なんともスッキリした心持ちでお話しできました。そもそも、エロトークを夜に限定する必要ってないですよね。まあ、エロティックな物事には夜が似合いますし、暗闇だからこそ見え隠れする羞恥や趣きはたまらないものがありますが、あえて昼に話すことで見えてくるものも絶対にある! そう感じました。

 特に強く感じたのは、話題が「手作りディルド」に及んだ時ですね。ディルドとは、いわゆる“張り型”で、動かないバイブと言えばわかりやすいでしょうか。それを手作りとは……? なんと、コンドームの中にいろんなものを詰めて、オリジナルの挿入物を作ろうという強者が、この世には少なからずいるというのです。まなさんは「こんにゃくゼリー」を、三ツ矢ナミコさんは、2月の節分で余った「豆」を詰めたことがあるとか。こんにゃくゼリーはぐにゃぐにゃしていて挿入不可能で、豆はなかなかイイ仕事をする、という具合に明暗はハッキリ分かれたようですが、その発想自体に、私は脱帽してしまいました。

 他にも、“チューリップ”といわれる鳥の脚をディルド代わりにしたり(もちろんコンドーム着用!)、糸こんにゃくを詰めたり……という話が出ましたが、その「身の周りのもので気持ちよくなれないか」という探究心を前にすると、安易にバイブに頼ってばかりの自らの短絡さが恥ずかしく思えてきました。それと同時に、「オナニーって生活なんだ!」と、目の前が開けていくような感慨も芽生えたのです。

自分なりのスタンスで性を語れ!



 オナニーは、まぎれもなく性的行為です。脳と身体から湧きあがってくる健全な性欲のおもむくままに、セクシャルな妄想やオカズで頭をいっぱいにして自らの身体に触れ、快感をむさぼる行為は、それだけでエロティクです。が、同時にごくごく日常的な行為でもあると実感しました。少しでも気持ちよくなれる道具はないかと身の周りを見渡したり、下着に手をつっこんだまま夜中にふと目が覚めたり、それで手も洗わずに寝ちゃったり、翌朝、起きた時にベッド脇に落ちている“道具”を見て、なんとなく気持ちが萎えてしまったり……ものすごく人間臭い行為です。微笑ましさとペーソスが表裏一体になったような、人間味を感じます。  ところで、自分のオナニー体験を「人前で話す」というのは、そもそも異例な事態です。女性が自分のセックス観やセックスライフをオープンにすると、それだけでポルノになりえます。オジサン系の雑誌では、そういう記事も少なからず見られます。ここのところ、私自身の中でそのことへの違和感が強くなるばかりで困っていました。「性を語る女性=淫乱な女性、消費してもいい女性」と見なされることが不本意でならないのです。そこから「性を語る女性=若くて美人がいいに決まっている」という風潮にも繋がります。これもおかしな話です。

 性もセックスもオナニーも、女性ひとりひとりの人生の一部で、だからこそ日常であり、生活であるわけです。容姿のいい人だけが愉しむものでもなければ、若い人だけに許された特権でもありません。年とともに変容しつつ、一生お付き合いのある事柄だと思っています。結婚や妊娠、出産、さらに更年期や閉経、もしかすると婦人科系のいろんな病気……それぞれのステージごとに、性に対する考えや距離感は変わるでしょう。今はあり余っている私の性欲も、ある日フッと煙のように消えてしまうかもしれません。それとは逆に、「もう性欲なんていらない」と思いながらも、振り回され続けるかもしれません。

 でも、私の性欲は私のものでしかないし、それでオナニーするのもセックスするのも私の生活の一部。女性がそれをオープンに話したからといって、男性が都合よくオカズにしてしまうのは、まったくもってナンセンス! 個人的には、将来もその時々の立ち位置で性を語っていきたいと考えていますが、それを「ババアがそんな話しするな!」と罵られるのではないかと案じていた時もありました。いやいや、そんな輩、相手にしなければいいだけのことですね。

 そんなこんなで、「女ニー会」のスタイルにとても感銘を受けたのですが、男性のポルノのためでなく、また「すてき女ライフ」を実現する手段としてでもなく、ごくごく自然な生活の一部として「女性の性」が扱われる場面ってとても少ないなぁと改めて実感もしました。情緒や精神性で彩られた、文学的な意味での性はさておき、生活としての性をこれからもじゃんじゃん語っていきたいですね。昼間ってだけでなく、公園の芝生の上とか、もういっそのこと市民センターとか、そういうところで話してもいいじゃん!……そんなことを感じた2014年春でした。

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2014/06/10 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★★☆☆☆

    手作りディルドの話しは気持ち悪かったです。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

掲示板
観たい動画のリクエストからセックスの悩みまで、匿名OKな掲示板

  • 北野翔太くんについて(12)
    私は、今はもう浅井陽登をなんとも思っていない。つまり彼を忘れているわけです。 それはさておき、今度の北野さんの問題、messyで物種にならないことは、今度の事件を「話題にしたくない」という考えがあまりにも強すぎ。有名人を叩いていながら、彼も叩かないのはある意味ではおかしいです。事がどれほど重大であるかmessyには分かっていないと思うのです。 北野さんがエロメンとして今後、活動が厳しいうえ、SILK LABOでも一部知っていることだと思うのです。「契約違反した」人をどこ行っても使えないのではと思えてならないです。 まして、ここ2ヶ月、2人も新人のエロメンがデビューして、彼らが「先輩のエロメンに追い付いていけるよう頑張ろう」と思っていたのにその先輩が(端的に)問題を起こす人を「(この人のように)頑張ろう」なんて思わない。「エロメンに対する信用問題」になりかねないわけです。 どっちにしても北野さん、エロメンとしてやるの難しいです。ルール違反したような人は使えないと思うのです。 でも、これだけは書かせてください。東惣介がレギュラーの「サイテー男」その「サイテー男」よりもっと(ルールを守れない)「サイテー男」の北野翔太なんてみんな応援したくないものです。
  • 女性用風俗(40)
    AVだけの世界かと思えば 女性用風俗が本当にあることを昨日知りました! 女性ホルモン活性マッサージと言うジャンルもあるんですね。 すごく行きたい! レビュー読んでるとすごく 良さそう・・ どなたか行った事ありますか?

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る