【短期集中連載:男性の本音】

3.名器とは「膣」だけを指すのではない? 男たちの熱弁


 こんにちは、「ラブリーポップ」のリンです。このコラムでは、女性専用のアダルトグッズショップ・ラブリーポップでの日常や、 女性の性の動向、最近のセックスのトレンドなどを読者の皆様にお伝えしていきます。

 messyでは「女の子本音」がよく語られますが、この度、ラブリーポップでセックスについて「男性の本音」にフォーカスしたアンケートを取りました。 その結果を元にして、6話ににわけて「男性の本音」についてお伝えしています。

 さて第2回は「女性の名器について」です。

Q:「名器」と呼べる女性とセックスしたことがありますか?

はい  41人 43%
いいえ 55人 57%

 第2回では「名器に出会ったことがある」と答えた41人の意見をご紹介しましたが、今回は「いいえ」と答えた55人についてです。 前回リンは「女性は誰でも名器を持っている」と思ったのですが、違うのでしょうか? 彼らの声を聞いてみましょう。

*名器とは、アソコの具合が良いだけで名器と呼ぶべきではない。締まりが良くても性格の悪い名器の持ち主では宝の持ち腐れとなる。 男のペニスを長くもたせてくれて、男のペニスに敏感に反応して、何度も絶頂に達するといった「男の要求に応えてくれる女性」が名器の持ち主であると思う。(50歳~59歳)

*どちらともいえない。体位や女性の意思で変化するものだと思うから。(50歳~59歳)

*女性は膣の感触や締まりに個人差があると思っているようだが、実際はほとんど差はない。 もし、ワインのブラインドテストのような試みを行った場合、多くの男性が、それぞれの膣の違いなんてわからないはず。 ペニスでは膣の差はわからない! 名器とは「膣」ではなく「女性全体」を指すのだと思う。膣という部分じゃない。 性交時に優しさ、艶やかさが伝わってくる女性はベストパートナーであり、それを引き出すのは男性次第。 『膣がたるんでガバガバ』という状態はペニスではわからない。女性の魅力を引き出せない男性の戯言だ。女性はそれを真に受けてはいけない!  セックスは男女が協力しあって深い一体感を目指す行為。それができた相手を名器(ベストパートナー)と呼ぶ。(50歳~59歳)

 何だか熱い思いが込められているのを感じました。「名器=男の要求に応えてくれるアソコの持ち主」という意見には、う~ん……何だかな~。

 逆に「どちらともいえない。体位や女性の意思で変化するものだと思う」という考え方は新鮮でした。

 セックス最中の膣の状態って、体調にもよるし、その時の気持ちや興奮状態でも違ってきます。 いつでもどこでも誰とでも、常に「名器」な女性なんて、いないのではないでしょうか。

 そして最後に紹介した「セックスは男女が協力しあって深い一体感を目指す行為」という意見。 この言葉にリンはハッとさせられました。だって、「名器」どうこうよりも、大切なのは「男女(パートナー)が協力しあい深い一体感を感じること」だったな~と。 お互い楽しもうとする気持ちが重要なんですね。


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

掲示板
観たい動画のリクエストからセックスの悩みまで、匿名OKな掲示板

  • 動画の再生(2)
    私は動画を毎日は見ていないのでわかりませんが、昨日から再生して5秒~10秒くらいで停止します。 Microsoft Edge です。 Google Chrome が相性悪いって言われたから変えたのに、こちらもダメです。
  • 雑談しましょう!(53)
    05/19の匿名です。お二人に説明していただいて何となくわかりました。 >05/20の匿名さん ラブメンについては確かにそうですね。エロメンの括りでつまづきました(笑)。 私もそうかなと思えるわかりやすい書き方でした。 >まるさん 疑問にお答えくださってありがとうございます。例にあげたつもりの”まんま”でした(苦笑)。 有馬さんは新しいタイプの男優さんといえますね。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る